管理人へのご意見・ご感想・質問などはお気軽にこちらまで↓ tokusatsu_fukyu★yahoo.co.jp
★を@に変えてください。

特撮普及委員会 @twitter ブログ未掲載ネタもつぶやくかも!? http://twitter.com/tokusatsu_fukyu

2010年07月21日

【番・レビTBS】キングオブ チェアー

ひっさしぶりのレビュー、特撮ではなく番組についてですが。

7月20日に放送された
極バラ祭りの第2夜 キングオブ チェアーについて。
冒頭10分を見ていないので、詳しいルールは分かりませんが、とある学校にある様々な椅子の中から正解の椅子を探し出す
極限の椅子取りゲーム

画的に地味な椅子取りゲームをどのように面白く見せるのかとても気になっていたのですが、トラップの感じとかがTXで放送されていたミリオン家族そっくりでしたね。
ナレーションも黄金伝説でおなじみの平井誠一さん(しかも黄金伝説風のテンション)で、笑い声のSEなどちょっと気に障る感じ。


予選がダラダラと長かった印象。
途中で飽きてしまいました。

反面、決勝は夜の学校→肝試し的な要素も加わり結構楽しめました。
ジェイソン登場は逃走中的要素があった気が・・・。

最後の謎ときの件までは。


梶原さんが(大)マジになり、急に先輩風を吹かし揉めるグダグダさ。
最後の椅子取りゲームも村上さんは梶原さんに譲ってましたよね。

最後の正解の椅子が普通の椅子取りゲームというオチは純粋に面白かったですし、
音楽室〜マイムマイムの件もこのグダりがなく、もっとテンポよく進めばだいぶ印象は変わったと思います。


あるかどうかわからない梶原冠番組第2回キングオブチェアーには
ぜひとも彼を参加させない方向で。冠だけど。



そんなこんなでようやく決着。

最後の最後、正解の椅子の目の前に掘った落とし穴トラップが不発。
スタッフの方は穴掘りのスペシャリスト・ロケット団に穴の掘り方を教わってください。

それをさも初めから落とし穴がなかったかのような演出。


・・・と、企画自体は面白かったものの全体的になんか残念な感じ。

数日前にラテ欄を読んだ時は面白そうな企画だと思って
結構期待してたんだけどな〜
非常に残念でした。
posted by サッカー少年 at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | バングミ・レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。